研修に参加した新入社員とHしちゃった

“俺は30代の後半で某会社に勤めて15年。宮城県の営業部長を務めている。奥さんと二人の子供を抱えて最早完全なおじさん状態。若い頃は良かった、楽しかったなどと昔を懐かしむときもしばしば。
県内には仙台市をはじめ5つの街に営業所があり、その5店舗を管轄するのが私の仕事。ある時入社半年以内の社員を仙台市に集めて社員研修があった。人数は男女合わせて15人、中途入社もいるので年齢は20歳から30歳くらいまで、社会経験もまちまちだ。
今回の研修は講師役が本社の総務部と、外部講師が担当で私はただのオブザーバーで、私にとっては退屈なものだった。それでも講師と研修生達は一生懸命に取り組んでいるので、しかも部長である私の目を気にしながら頑張っているのでこちらもあまり気楽にも出来ない。
やがて18時になり研修終了。ホテルの広間で夕食。軽くビールだけ差し入れがあった。食事が終われば私だけ泊らずに家に帰る。
食事が始まると研修中とはまた違った顔がそこにあった。隣に座った智美(仮名)という女の子が「え、部長帰るの?泊らないんですか?」と言う。残念がって「部長、パンツ持ってきて無いの?」などと言うので、小声で冗談に飲みに行くかと言って見たら行くというので、メールアドレスを書いたメモを渡して外に出るとすぐメールが来たので待ち合わせを返信。
カラオケに行きたいというので連れて行った。智美はノリが良くて歌も上手くて盛り上がった。適当に手を握ったり肩を寄せたり、膝を叩いてボディタッチをして楽しかった。智美は茶髪で派手目の顔におっぱいも大きめで脱がないでも抜群の身体に思えた。
カラオケを出た時は腕を組んでいて、抱き寄せて「今日俺と寝てくれないかと」と言ったら「どうしようかなと」と言いながらついてきた。
智美は23歳で何が気に入ったのか、H好きなのか俺に抱かれてくれた。それから10日に1度ぐらいずつ彼女を抱いている。おおらかで不倫の暗いイメージは全くない。俺は智美に惹かれているが向こうは全く屈託が無くて一時的な遊びを楽しんでいるという感じ。若いっていいわ。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です